伝統の素材と技を頑固に守る、間違いのない家。ーユニの家はここが違う!

ユニ建設の建てる家は、土台はシロアリに強いヒバ材、柱は檜(ひのき)、梁(はり)は極太の松材など、厳選した無垢材をふんだんに使用しています。

自然の木の良さを充分に引き出すため、継ぎ手は職人の手仕事で刻んでいます。

最近は、集成材を用い、継ぎ手をプレカット(=工場で機械を使って刻む方法)し、現場では金物のボルトを締めるだけで家を作り、販売するメーカーが増えています。それらの家と比べれば、ユニ建設の家は若干高いとお感じになるかもしれません。

しかし、日本に古くから伝わる無垢の木と職人技で建てた家には決して間違いはありません。建てた直後に満足していただけるのは当然。末永く「建てて良かった」と心から思っていただける家を、一棟一棟丁寧に、正直にお建てします。

ユニ建設の現場の看板を見掛けましたら、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。木の素晴らしさ、本物の職人の技を、きっと感じていただけると思います。

イメージ